織田裕二の腕時計

芸能人・有名人のリストへ(700人超えました!)

芸能人・有名人が愛用の私物時計からドラマ・映画で着用された腕時計まで紹介 (≧∇≦)b

織田裕二 時計

オメガ スピードマスター プロフェッショナル 50周年記念モデル Ref.311.32.42

2011年8月TBS『世界陸上 韓国テグ』

織田裕二がいなければ世界陸上じゃない!
と言われるほど、いまや世界陸上の顔となった織田裕二。

大会以上に織田裕二の熱いテンションが話題になります。

2011年8月の『世界陸上 韓国テグ』にて大会期間中、
熱い男・織田裕二が着用してた私物時計はオメガ。

レマニア社製の傑作ムーブメントcal.1863が搭載された
ブラウン文字盤・ベルトのオメガ スピードマスター プロフェッショナル 50周年記念モデル。

堅すぎず、くだけすぎない、世界陸上らしくスポーティー。
織田さん、いいセンスしてます (゚∇^d)
オメガ スピードマスター プロフェッショナル 50周年記念モデル Ref.311.32.42



トレーサー TYPE6 BK P6500.400.33.01

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』で
織田裕二のはまり役・湾岸署 青島俊作の腕時計はミリタリーウオッチ。

スイスmb-microtec社が開発した、特殊発光システム搭載。

米国海軍最強と呼ばれているNAVY SEALSをはじめ、SWAT(米国警察特殊部隊)、
EOD(米国爆発物処理スペシャルチーム)など
アメリカの数々の特殊機関での採用実績を持っている本格ミリタリーウオッチです。
トレーサー TYPE6 BK P6500.400.33.01



ハミルトン カーキ フィールド H70455863

映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』

『踊る大捜査線』の劇場版第4作で、15年に渡るシリーズ最終作『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。

この作品での青島俊作の腕時計はハミルトン。

もともとハミルトンの腕時計は、織田裕二がプライベートで愛用している時計で、
『踊る大捜査線』以外でもハミルトン着用が確認されてます。

今回の映画では、軍用時計カーキ フィールド H70455863を使用。

本来革ベルトモデルですが、青島のイメージを壊さないように
わざわざ純正の布ベルトに交換されています。
この細部までのこだわりが、織田裕二らしいところ。
ハミルトン カーキ フィールド H70455863
ハミルトン純正 布ベルト 緑グリーン



オメガ スピードマスター レーシング ref.326.32.40.50.01.001

2013年8月TBS『世界陸上 モスクワ』

テグから2年モスクワに世界陸上がやって来ました。
そして今回もメインキャスターは、織田裕二。

ということで、今回も、全中継を録画して、織田さんの腕時計チェック体制に。
27時間テレビ、世界陸上、24時間テレビと、8月は、非常にハードな季節です (;^_^A

幸い、世界陸上は2日目にして、織田さんの時計がしっかり映り、助かりました。

ストラップは、ラバー仕様。黒一色のクロノグラフ。見慣れたタキメーターが並ぶ。
オメガ。またしても織田さん、オメガです。

2012年からオメガが、新ラインアップとして出したオメガ スピードマスター レーシング。

スピードマスターは、本来宇宙時計として作ったわけではないんだ。
クロノグラフは、本来カーレーシングのためだ。
性能が良すぎたから、おまけで宇宙にも行ったんだ。
スピードマスターのこれが、原点。

こんな声が聞こえてきそうな時計です。

直径40mmのケースでサブダイヤルには、パリの石畳(クル・ド・パリ)の模様が装飾されています。
オメガ独自のコーアクシャル キャリバー3330を搭載し、精度と耐久性が大幅に上がってます。
オメガのこのちからの入り方は、織田さんに負けない w(*゚o゚*)w
オメガ スピードマスター レーシング ref.326.32.40.50.01.001



WENGER COMMANDO CHRONO ウエンガー コマンド クロノ 70725

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』

映画第1作目の『踊る大捜査線 THE MOVIE』の冒頭シーン。
薄暗い早朝、閑静な住宅街。

眠たい目をこすり、クルマの中で、腕の時計を見て、時刻を確認する青島。

被疑者の自宅前で張り込みか?
と思いきや、ゴルフ接待のために吉田副総監
をお迎えに来ていただけでした(笑)

本作と2作目の映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』
で、使われている時計は、
スイスミリタリーウオッチ・ウエンガー コマンド クロノ 70725です。

この時計は、同じリファレンスナンバーでも、
細かい変更がされるというマイナーチェンジがされています。

織田裕二が、『踊る大捜査線』で着用しているのは、
WENGERの文字の下に「S.A.K DESIGN」の表記があるバージョンとなります。

本来は黒革ベルトモデルですが、織田裕二のこだわりで、
ストラップは、ナイロンベルト(ミモザ社製のMN-1)それも、
青島俊作のトレードマークである軍用コートと同じ色のものに付け替えられ、
トータルファッションとして統一感のあるものとなっています。

また、このモデル、この組み合わせで、織田裕二からタモリにプレゼントされています。
そしてタモさんは、この時計のことを、非常に気に入ったようで、
プライベートでも愛用しているようです。

『タモリ倶楽部』では、タモさんのこのウエンガー着用姿ちょくちょく見ます。
こう愛用してもらえるとプレゼントした甲斐があるもんですね。
WENGER COMMANDO CHRONO ウエンガー コマンド クロノ 70725
タモリの腕時計



オメガ スピードマスター ダークサイド・オブ・ザ・ムーン ref.311.92.44.51.01.003

2015年8月TBS『世界陸上 北京大会』

ジャスティン・ガトリン、タイソン・ゲイといった強力なライバルを押しのけ、
超人・ボルトが見事勝利した『世界陸上 北京大会』男子100メートル。

すばらしい勝負に興奮を抑えられない織田裕二の腕には、オメガ スピードマスターの新コレクションがありました。
ミドルケース、ベゼル、裏蓋、文字盤、そして尾錠まですべてブラック。
オールブラックセラミック製のオメガ スピードマスター ダークサイド・オブ・ザ・ムーンです。

番宣のため特別出演した『炎の体育会TV』や爆笑問題・田中裕二の『S-1』にゲスト出演したときも
このオメガを着けていましたので、織田裕二の2015年『世界陸上』の腕時計は最終日までこの腕時計でしょう。

すべてが真っ黒、漆黒の腕時計。
他のブランドならば「オールブラック」とネーミングされていそうなニューモデルですが、「オメガ スピードマスター」のことを
特別な「ムーンウオッチ」と自負するオメガは、「黒」から「月の裏側」を想像し「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」という名を与えています。
このネーミングには執念すら感じますね。

コラムホイール機構搭載の自動巻きクロノグラフムーブメントcal.9300を搭載。
コーアクシャル・エスケープメントと、シリコン製ヒゲゼンマイを採用し、精度の安定性と持続性を維持させています。

新たな技術を採用し、絶えず完璧なものに近づけようと努力する姿勢は宇宙開発にもつながるものがありますね。
オメガ スピードマスター ダークサイド・オブ・ザ・ムーン ref.311.92.44.51.01.003



俳優・役者(over40)の腕時計
岩城滉一
石田純一
阿部寛
伊藤英明
福山雅治
大沢たかお
江口洋介
大和田伸也
大和田獏
梅沢富美男
東幹久
小澤征悦
大森南朋
要潤
堤真一
高橋英樹
高倉健
武田鉄矢
松重豊
松平健
水谷豊
西島秀俊
反町隆史
上川隆也
片岡愛之助
藤木直人
唐沢寿明
沢村一樹
柳葉敏郎
六角精児
中井貴一
渡辺謙
陣内孝則
寺脇康文
渡部篤郎
吉田鋼太郎
舘ひろし
佐々木蔵之介
京本政樹
堺雅人
坂上忍
立川談春
吉川晃司
杉良太郎
哀川翔
田村正和
谷原章介
石坂浩二
竹野内豊

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )
神奈川県川崎市生まれ、俳優。
代表作:『東京ラブストーリー』『振り返れば奴がいる』
『お金がない!』『踊る大捜査線』


アクセスランキング
芸能人・有名人の腕時計HOMEへ


あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行