トム・クルーズの腕時計

芸能人・有名人のリストへ(700人超えました!)

芸能人・有名人が愛用の私物時計からドラマ・映画で着用された腕時計まで紹介 (≧∇≦)b

トム・クルーズ 時計

カシオ Gショック DW-6900-1V

『ミッション:インポッシブル2』

往年の人気アメリカテレビドラマ『スパイ大作戦』。
トム・クルーズは、この作品の映画化にあたり映画プロデューサーとして
初めて企画、立案から監督選びまで携わり、また、自身が主役のイーサン・ハントを演じています。

このように、非常にトム・クルーズにとって
思い入れ深い映画『ミッション:インポッシブル』。

小道具にも、トム・クルーズの趣味、こだわりが反映されているものだと思います。

不可能と思えるようなミッションを次々と遂行するエージェント イーサン・ハント。
彼の腕には、機能的でタフネスな腕時計の代名詞「Gショック」があります。

映画『スピード』から火がついた人気モデル5600系と
双璧をなす人気モデル3つ目の6900系のもの。

映画では、『CASIO』、『G-SHOCK』という
文字や『G』というロゴは、軒並み消されていていますね。

やはり、エージェントなるものは、
出処の分かるようなものは身につけてはいけない、という理由から?
カシオ Gショック DW-6900-1V



チュードル ヘリテージクロノ 70330N

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

派手なアクションとかっこいいシーン満載で
トム・クルーズの新しいはまり役となっている『ミッション:インポッシブル』。

シリーズ第4作目『ゴースト・プロトコル』の舞台は、
モスクワ、ドバイ、インド。

今作のトム・クルーズの腕時計は、チュードルのもの。
チュードルというのは、ロレックスの普及用に
仕掛けたロレックスの廉価版ブランドです。

廉価版といってもロレックスと一部共通のパーツを使うことなどで
コストと品質の両立を実現しているお手頃ブランド。

デイトナ、サブマリーナやデイトジャストなど
ロレックスとデザインが酷似したモデルも多いのですが、
このチュードル ヘリテージクロノは、それとは完全に別ライン。

冒険的で個性的なこのフェイスは、
保守的なロレックスとは、また違う楽しみを提供してくれています。
チュードル ヘリテージクロノ 70330N



カシオ Gショック DW-5300-1BV

『ミッション:インポッシブル』

プラハで遂行した作戦中、イーサン・ハント(トム・クルーズ)を除くメンバー全員が次々と殺された。
裏切り、暗殺、謀略と多くの要素が絡みあう『ミッション:インポッシブル』。

一作目の本作では角形のGショックをトム・クルーズは身に着けていました。
基本設計は同じながらDW-5600系(映画『スピード』でキアヌ・リーブスが着けていたモデル。)よりガッチリとしたDW-5300系。
こちら日本未発売の海外モデルでした。

日本未発売といえども逆輸入という形で当時日本にも入ってきていましたが、さすがに時代が経っていることもあり
今手に入れるのはかなり難しい状態、ミッションインポッシブルとなっています。
カシオ Gショック DW-5300-1BV



CASIO G-SHOCK The G 「BLACK FORCE(ブラックフォース)」MTG-910DJ-2JF

『ミッション:インポッシブル3』

3作目の腕時計は、1作目、2作目と大きくテイストが変わっています。
同じG-SHOCKながらもこれだけで強力な武器になりうる堅牢な造りのメタルブレス時計。
「ブラックフォース」の名を持つG-SHOCK The Gシリーズ(電波受信機能、タフソーラー内蔵)の腕時計です。

メタルパーツにイオンプレーティングを施し、同じ膜厚のメッキに比べて高い耐摩耗性、耐傷性を実現。
また紫外線にも強いため変色もしにくく、よりタフになりました。
イメージカラーとしてのブラックではなく、タフネスを追求した結果としてのブラックメタリックモデルとなっています。
CASIO G-SHOCK The G 「BLACK FORCE(ブラックフォース)」MTG-910DJ-2JF



ハリウッド・海外スターの腕時計
ハリソン・フォード
アーノルド・シュワルツェネッガー
ジャック・バウアー(24 TWENTY FOUR)
ブラッド・ピット

ナタリー・ポートマン
ヴィクトリア・ベッカム
アン・ハサウェイ
キャメロン・ディアス
ミランダ・カー

グァンス(超新星)
K(韓国人歌手)
V.I(BIGBANG)
チャン・グンソク

トム・クルーズ(Tom Cruise 1962年7月3日 - )
アメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュース出身の俳優。


アクセスランキング
芸能人・有名人の腕時計HOMEへ


あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行