ケンドーコバヤシの腕時計まとめ

芸能人・有名人のリストへ(700人超えました!)

芸能人・有名人が愛用の私物時計からドラマ・映画で着用された腕時計まで紹介 (≧∇≦)b

ケンドーコバヤシ 時計

ハミルトン ベンチュラ フレックス エルヴィス生誕75周年モデル H24471131

2011年1月『ダウンタウンDX』

ケンコバ愛用時計はアメリカ生まれのハミルトン・ベンチュラ。
ハミルトン・ベンチュラはエルヴィス・プレスリーが愛した時計としても有名で
プレスリーは、映画『ブルー・ハワイ』でも使用。

そしてケンコバのハミルトン・ベンチュラはエルヴィス生誕75周年記念モデル。

いかにも、古き良きアメリカを象徴するような時計で、
アメ車とともに、ちょいワルで、きめたい時計です。

プレスリーを敬愛するクレイジーケンバンドの横山剣も
ハミルトン・ベンチュラの愛用者です。
ハミルトン ベンチュラ フレックス エルヴィス生誕75周年モデル H24471131



ハミルトン・パルソマチック パルサー40周年記念モデル H52515139

2011年1月テレビ東京『地元応援バラエティ このへん!!トラベラー』

こちらの愛用時計もハミルトン。
ハミルトン・パルソマチックのパルサー40周年記念モデル。

個性派デジタルで、シンプルなデザイン。
番組では白熱灯の影響でゴールドに見えましたが色はシルバーです。
ハミルトン・パルソマチック パルサー40周年記念モデル H52515139



ロレックス サブマリーナ ref.16800

2011年9月日本テレビ『おしゃれイズム』

2011年9月日本テレビ『おしゃれイズム』のゲスト・ケンコバが
スタジオで着用してたのはロレックス。

ロレックス・スポーツ時計の定番、ロレックス サブマリーナです。
個性的なケンコバにしてはベタな選択な気もしますけど、
定番おさえてこそ真のおしゃれという彼なりのおしゃれイズム、なのかな?
ロレックス サブマリーナ ref.16800



オメガ スピードマスター 125周年記念 ref.378.0801

2011年10月テレビ朝日『アメトーーク』

『アメトーーク』秋のゴールデン3時間SP 絵心ない芸人で
ケンコバがしていた時計はオメガ。

キムタクがドラマ『HERO』でも着用していた
オメガ スピードマスター125周年記念モデルです。

個性的なデザインで目を引く時計です。
『おしゃれイズム』でロケの際に着用していた時計もこの時計でした。
オメガ スピードマスター 125周年記念 ref.378.0801



ロレックス GMTマスターII Ref.16710

2011年12月テレビ朝日『アメトーーク』

こちらの赤・黒ベゼルの時計はロレックス。
ロレックスの中で最も多機能な時計と言われる
ロレックス GMTマスターIIです。

短針を単独で動かせるため最大3ケ所の時間帯を
読み取ることができます。
また、そのデザインも完成されており美しい。
ロレックス GMTマスターII Ref.16710



タグ ホイヤー モナコ ref.CAW2111.FC6183

2011年12月年末恒例「アメトーーク!大賞」

こちらも『アメトーーク』にて
ケンコバが着用していたこの個性的な時計はタグホイヤー。

映画「栄光のル・マン」で主演のスティーブ・マックイーンが
着用して大人気となったモナコです。

本来は、この復刻版ではなく、オリジナルが欲しかったそうですが、
お店であれこれ悩んでいるうちに、先に買われてしまったそうです。

ただ、買われて悔しい以上に
「にいちゃん、いい買い物したな。見る目あるな。大事にしろよ」
とそのとき思ったそうです。

これぞ、愛すべきケンコバ節ですね。
タグ ホイヤー モナコ ref.CAW2111.FC6183



オーデマ ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01

2012年9月テレビ東京『地元応援バラエティ このへん!!トラベラー』

一部の時計愛好家の中では、
パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン
を「三大雲上ブランド」として別格に扱っていますが
このケンコバの時計はそのオーデマ・ピゲ。

ジェラルド・ジェンタデザインのオーデマ・ピゲを代表する
人気モデル・ロイヤルオークです。

ケンコバはさらにアンティークのヴァシュロン・コンスタンタン
ホワイトゴールドスクエアも所有しています。

こうなると、あとひとつですね!
オーデマ ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01



パテックフィリップ コンプリケーション・ワールドタイム 5110G

2013年1月テレビ朝日『アメトーク』

これでコンプリート。
10時位置のプッシュボタンを押すだけで世界24都市の時間を簡単にチェック。
世界を網羅するパテックフィリップ ・ワールドタイムで世界3大時計を制覇。

世界24の都市名や昼や夜に区分けされた24時間目盛りなど視認性とデザイン性を高度に両立させた
緻密なダイヤルはいくら眺めてていても飽きない至高の腕時計。
パテックフィリップ コンプリケーション・ワールドタイム 5110G



ブレゲ マリーンU Ref.5817ST

2013年1月テレビ朝日『Oh!どや顔サミット』

こちらは、マリー・アントワネットも顧客の一人だった
天才時計師のブレゲの時計。
ブルーのブレゲ マリーンUです。

美しいギョーシェ彫りにうっとり。
時計好きなら、ブレゲはやっぱり憧れますね。
お気入り時計のようで、よくテレビで見かけます。

6時位置に視認性の高いビッグデイトを配置し、
実用性を考慮。
とはいえ、日常使いに躊躇してしまうような
ハイクラスの腕時計でもあります。
ブレゲ マリーンII Ref.5817ST



IWC アクアタイマー オートマティック2000  Ref.IW353803

2013年5月テレビ朝日『アメトーーク!』

渋目のオヤジファッションで固めるこの日のケンドーコバヤシ。
腕にはこの個性派ウオッチを持ってきていました。

黄色の差し色が目を引くIWCのアクアタイマーです。
200気圧防水を実現したプロのダイバーズ・ウオッチ。
鮮やかな黄色は、視界の悪い水中でも視認しやすいようにという意図があると思われます。

このIWCのアクアタイマーは、14.8mmの厚いケース、大型ねじ込み式リューズ、堅牢なブレスと
見た目は厳つい腕時計ですが、チタン製なので実際は驚くほど軽い腕時計に。

陸上でも「使える」腕時計に仕上がっています。
IWC アクアタイマー オートマティック2000  Ref.IW353803



ブライトリング トランスオーシャン ユニタイム クロノグラフ  A050B62OCA

2013年5月フジテレビ『漫道コバヤシ』

まだまだケンコバの時計収集熱はおさまらない。
新たな時計は、航空時計の雄・ブライトリング。

雑誌などでは、ロレックスと、性能・デザイン・機能性・価格の面で
よく比較される人気高級ブランドです。

ケンコバの時計は、着け心地の良いクラシックなブレスレットモデルの
ブライトリング トランスオーシャン ユニタイム クロノグラフですね。
ケンコバが選ぶだけ合って、高品質ながらも、
自己主張をしっかりする腕時計となってます。
ブライトリング トランスオーシャン ユニタイム クロノグラフ  A050B62OCA



カシオ Gショック フロッグマン GF-8250-9

2013年10月テレビ朝日『アメトーーク!』

タフで機能的な時計の代名詞・G-SHOCK。
その中でも、さらに得意分野に特化したシリーズが作製されました。
マスターオブGシリーズ。

水に特化したのがフロッグマン。
200mの潜水用防水機能を持ちます。

フロッグマンの名にふさわしく
裏蓋の刻印とELバックライトにカエルをデザイン。
こういう遊びゴコロに心が揺さぶられます。

ケンコバのフロッグマンは、限定カラーのイエローモデル。
地味な服でも、このワンポイントでちょっとオシャレに見えます。
カシオ Gショック フロッグマン GF-8250-9



オメガ スペースマスター Z-33 325.92.43.79.01.001

2013年2月テレビ朝日『アメトーーク!』

ケンコバのデジアナ時計。
高級スイス時計では、珍しいコンセプトの作品ですが、
名門オメガの時計です。

1969年発売のフライトマスター「オメガ パイロットライン」の独特なフォルム
を現代に蘇らせた「スペースマスター Z-33」。

機械式時計には出来ない、過去10回のフライトを記録する
フライトブックなど多機能を実現しています。

漆黒のLCDスクリーンに
燃え上がるようなレッドの文字と数字。
パイロットウオッチらしく視認性が高い時計。

肩肘張らずに、ラフにバリバリ使いたい時計ですが
なぜか、3気圧防水しかないのは、
ちょっともったいないですね・・・。

3気圧防水は、いわゆる日常生活防水と呼ばれる一番水に弱い分類。
カシオのデジアナでしたら、20気圧防水が普通ですので
その差が際立ちます。
これに関しては、カシオがすごすぎるのかな?
オメガ スペースマスター Z-33 325.92.43.79.01.001



オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショアダイバー Ref.15703ST.OO.A002CA.01

2014年4月テレビ朝日『アメトーーク』

『アメトーーク』に登場の「CoCo壱番屋芸人」。
「ココイチ」好きとして、ケンコバも出演していました。

スタジオで
『伝票を刺す透明のプラスチックが見た目より軽い。』
『席に置いてあるスパイス缶の蓋は鉄の中で一番薄い。』
とマニアックに主張するケンコバ。

実際にココイチ店舗に行ってロケ、実食。
席にあったスパイス缶を見せ、その蓋の薄さを紹介するケンコバ。

た、確かに、ペラッペラ(笑)。
ケンコバ、細かくチェックしてますね〜。

このとき、ちょうど映ったケンコバの腕時計をチェックさせてもらいました。

ラバーベルト仕様のオーデマ・ピゲの新しい腕時計でした。

繊細でその緻密さを誇る世界3大高級ブランドながら、300m防水を実現した
本格的ダイバーズウォッチ・ロイヤルオーク オフショアダイバー。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークの原点である高級感はそのままで、
高級時計の常識を覆す「ラグジュアリー・スポーツウオッチ」を体現しています。

視認しやすいように縁に傾斜が入っているデザイン。
「20・30」という数字は、テレビ越しでも見て取れますね。
オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショアダイバー Ref.15703ST.OO.A002CA.01



ハミルトン ベンチュラ エルビス アニバーサリー限定モデル H24481131


2014年7月日本テレビ『ダウンタウンDX』

『ダウンタウンDX』でマネージャーに対する友近の悪行を語るケンコバ。
ヒートアップするこの話、ケンコバの腕には、ハミルトンのベンチュラ。

これは、ああ、いつもの愛用のベンチュラだなぁと思ってたのですが、

ふと思う、
昔紹介したケンコバのベンチュラはゴールドだったような・・・。

そして今見えてるのは、シルバー。

あらまぁ、ケンコバは、ゴールドとシルバーどっちのモデルももっていたのか。
意識していなかったので、全然気付かなかったです。

デザインは、まるっきり同じこのモデル。
どのようなシチュエーションに合わせて、この2つを使い分けているか
ケンコバに聞いてみたいですねぇ。
ハミルトン ベンチュラ エルビス アニバーサリー限定モデル H24481131



ジャガールクルト グランド レベルソ ウルトラスリム 1931 ルージュ Ref.Q278856J

2015年2月テレビ朝日『アメトーーク』

『アメトーーク』の明太子トークの回。
うしろにあった、のぼりより、
隣にいた博多華丸のカーディガンより、
出て来た明太子より、
なによりも真っ赤だったのが、ケンコバが身につけていた腕時計。

これは、2012年に新作発表されたジャガールクルトの
グランド レベルソ ウルトラスリム 1931 ルージュです。

それまでなかった青や栗色など1930年代に誕生したカラフル文字盤の復刻モデルで
艶ある華やかなレッドを使い大人のダンディズムを強く意識したモデルとなっています。

ブティック限定モデルで定価は80万円ほど。
ジャガールクルト グランド レベルソ ウルトラスリム 1931 ルージュ Ref.Q278856J



ヴァシュロンコンスタンタン 222コレクション スクエアモデル

2015年9月銀座

先日の銀座での話です。
(千原ジュニア、福山雅治からはじまった怒涛の結婚ラッシュの週です。)

デパートの下りエスカレーターに乗っていましたら、前方の男、実に気持ちいい刈り上げ頭をしていました。
それも後ろだけでなくサイドも実に気持ちいい刈り上げをしております。

そしてその男、なんだか見たことあるようなずんぐりとした体型をしています。

あれっ!?と思ってちょっと斜めから見てみるとその男・ケンコバでした。
買い物袋2つ、3つ手にしていたので買い物帰りのエスカレーターと思われます。

女性や後輩芸人といっしょに銀座かな?とまわりを見渡しましたが、それらしき人はおらず、ケンコバ単独行動です。

ケンコバはベージュのハーフパンツに、シャツ。
頭にはハンチング帽。
腕にはシルバーの腕時計、バッグを柔道家のように肩の後ろに垂らして持っていました。
サングラスやマスクといった変装は全くしていませんでした。

エスカレーターを降りそのまま脇の出口から外に出たケンコバ、ひとけのない片隅で向かい側から来た二人組の女性から
「あっ、ケンコバだぁ〜」というリアクションをされています。

モデル風のかなりいい感じの女性。
連絡先を交換する瞬間を見れちゃうかなと軽く期待(笑)したのですが、
ケンコバは被っていたハンチング帽に手を掛け、女性に向かって軽く会釈してさようなら。
歩みを一切緩めず、止めず、躊躇せず。
旅の武芸者のようにそのままスタスタと行ってしまいました。
その一連の動作が実に硬派で男らしいのです。

私、都会のど真ん中でサムライを見ちゃいました (≧∇≦)b

・・・で本題。ケンコバがしていたシルバーの腕時計。
これはヴァシュロン・コンスタンタンが1977年に創設222周年を記念して発売したヴァシュロンコンスタンタン 222コレクションです。
(1977年で創設222周年というのがすごいです!さすが歴史を紡ぐ世界最古の時計ブランド!!)

現在のオーバーシーズにつながるデザインであるラウンドケースモデルのほうがメジャーですが、ケンコバのはスクエアモデル。
ケンコバが昔、50万円で購入した222コレクションとなります。

裏蓋には「222」の文字が刻まれ、またヴァシュロン・コンスタンタンの象徴であるマルタ十字がリューズ、バックル、ケース脇にへと配されており、
非常に魅力的な腕時計となっています。
ヴァシュロンコンスタンタン 222コレクション スクエアモデル



カシオ G-SHOCK マットブルー(ネイビー) Ref.DW-5600M-2JF

2016年1月日本テレビ『真実解明バラエティー!トリックハンター』

カシオ G-SHOCK 定番5600系をミリタリーカラーベースにすることで現代風に仕上げたニューモデル。
落ち着いたマット仕様で揃えることでファッションシーンで幅広く活躍できるG-SHOCKになりました。

さらに文字板にホワイトを使うことで、非常にすっきりとした印象を与えています。
このニューモデルにはマットブルー(ネイビー)、マットグリーン(カーキ)、マットホワイト、マットオレンジの4色ありますが、ケンコバはマットブルーを着用。
カシオ G-SHOCK マットブルー(ネイビー) Ref.DW-5600M-2JF



カシオ G-SHOCK マットグリーン(カーキ) Ref.DW-5600M-3JF

2016年1月日本テレビ『真実解明バラエティー!トリックハンター』

マットブルーに続き、ケンコバはマットグリーンモデルも着けていました。
こちらもマットブルーと同じ20気圧防水、ストップウオッチ、タイマー、マルチアラーム・時報、フルオートカレンダー機能搭載。
使いやすい万能デジタルウォッチです。

こうなるとケンコバが残りの2色も持ってる可能性高いですね。
カシオ G-SHOCK マットグリーン(カーキ) Ref.DW-5600M-3JF



カシオ G-SHOCK マットホワイト Ref.DW-5600M-8JF

2016年2月フジテレビ『VS嵐』

ケンコバ、マットホワイト着けていました!
これで3つ目。
マジック1 点灯です。

えっと、あとはマットオレンジを着けている姿を狙います。
オレンジは一番目立つ色ですので、見つけやすいと思っています。

ところでケンコバが愛するバナナマン日村勇紀もこのG-SHOCK マットホワイトモデル持っていました。
神田愛花アナが登場し亀裂が入ったように見えましたが、ケンコバと日村勇紀のあやしい関係がまだ続いてる感じがします(笑)

追記:
家族の歴史を追跡するNHK『ファミリーヒストリー』でオレンジモデルを着けていました。

これでコンプリート達成!
カシオ G-SHOCK マットホワイト Ref.DW-5600M-8JF
日村勇紀(バナナマン)の腕時計まとめ


その他、新たにパテックとヴァシュロン、インター発見。



お笑いBIG3の腕時計まとめ
ビートたけし
明石家さんま
タモリ

大物芸人・司会者の腕時計まとめ
所ジョージ
志村けん
笑福亭鶴瓶
島田紳助
堺正章
みのもんた

吉本・松竹芸人の腕時計まとめ
浜田雅功(ダウンタウン)
松本人志(ダウンタウン)
岡村隆史(ナインティナイン)
矢部浩之(ナインティナイン)
加藤浩次(極楽とんぼ)
宮迫博之(雨上がり決死隊)
田村淳(ロンドンブーツ)
博多大吉(博多華丸・大吉)
博多華丸(博多華丸・大吉)
徳井義実(チュートリアル)
福田充徳(チュートリアル)
ヒデ(ペナルティ)
ワッキー(ペナルティ)
金田哲(はんにゃ)
遠藤章造(ココリコ)
綾部祐二(ピース)
又吉直樹(ピース)
レイザーラモンHG
尾形貴弘(パンサー)
堤下敦(インパルス)
宮川大輔
石田靖
井上聡(次長課長)
河本準一(次長課長)
ゴリ(ガレッジセール)
川島明(麒麟)
川田広樹(ガレッジセール)
藤本敏史(FUJIWARA)
福徳秀介(ジャルジャル)
藤原一裕(ライセンス)
井本貴史(ライセンス)
中田敦彦(オリエンタルラジオ)
藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
坪倉由幸(我が家)
板尾創路
今田耕司
渡辺直美
ハイヒールモモコ
木下隆行(TKO)
濱口優(よゐこ)
松嶋尚美(オセロ)
村上健志(フルーツポンチ)
徳井健太(平成ノブシコブシ)
吉村崇(平成ノブシコブシ)
ケンドーコバヤシ
高橋茂雄(サバンナ)
吉田敬(ブラックマヨネーズ)
小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
とにかく明るい安村
山里亮太(南海キャンディーズ)
斎藤司(トレンディエンジェル)
陣内智則
後藤輝基(フットボールアワー)

ケンドーコバヤシ(本名および旧芸名:小林 友治、1972年7月4日 - )
愛称は「ケンコバ」。
アクセスランキング
芸能人・有名人の腕時計まとめHOMEへ



あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行