キャサリン妃(イギリス王室)の腕時計

芸能人・有名人のリストへ(700人超えました!)

芸能人・有名人が愛用の私物時計からドラマ・映画で着用された腕時計まで紹介 (≧∇≦)b

キャサリン妃(イギリス王室) 時計

カルティエ バロンブルー 33mm W6920084

2014年7月NHK『ウィンブルドン男子決勝』

2011年4月にウィリアム王子と結婚したケイト・ミドルトンさん。
王子のお妃となった現在は、キャサリン妃と呼ばれ親しまれています。

イギリスが世界に誇る最大の大会・テニスウィンブルドン。

ウィンブルドン現象という言葉ができるほど、
イギリス人と無縁となってしまったこの大会でしたが、
昨年アンディ・マレーがイギリス人として77年ぶりの優勝を飾り、
いつもは静かな会場が熱狂の渦と化しました。

今年は、サッカーワールドカップ大会開催中にも関わらず、
マンチェスター・ユナイテッド元監督の
アレックス・ファーガソンやベッカム夫妻が観戦している姿が
スタジアムで見られていました。

そして、ロイヤルボックスには、
ウィリアム王子とともにキャサリン妃の姿も。

キャサリン妃の指には、指輪、腕には、時計が輝いています。

まずは、ブルーの指輪。
これは、ウィリアム王子から婚約指輪として贈られたブルーサファイアです。

18カラットの18Kホワイトゴールドのリングに、14個のダイヤモンドで縁取った
楕円形の12カラットのサファイア。

もともとは、1981年チャールズ皇太子がダイアナ元妃に婚約指輪として
贈ったもので、皇太子は、約500万円で購入されたものらしいですが、
現在では、5,000万円ほどの価値があるそうです。
その価値の上昇ぶりは、キャサリン妃自身の人気も手伝っていることでしょう。

そして、腕時計。
こちらは、500万、5,000万円もする特別のものではなく
市販モデル。
十分一般人でも手の届く範囲のものです。

フランスはカルティエの腕時計。
丸みを帯びた姿が優美で、印象的なカルティエ バロンブルーです。
リューズには、大きなブルーサファイアを使用。

ここにも奇しくも同じくブルーサファイア。
もしくはイギリスのロイヤルカラーのブルーを
強く意識して着用しているのかもしれません。

身長178cmあるともいわれているキャサリン妃。
28mmケースサイズのレディースモデルではなく、
男女兼用サイズとなる33mmケースサイズのものを選んでいます。

当然ですが、なんでも自分にあったサイズを着用するのが一番ですね。
カルティエ バロンブルー 33mm W6920084



皇室の腕時計
雅子さま(皇太子妃)
愛子さま(皇室)

イギリス王室
ウィリアム王子
キャサリン妃
ヘンリー王子

政治家の腕時計
安倍晋三(総理大臣)
麻生太郎(元総理大臣)
谷垣禎一(自民党幹事長)
石破茂(衆議院議員)
岸田文雄(外務大臣)
石原伸晃(環境大臣)
河野太郎(行政改革担当大臣)
小泉進次郎(衆議院議員)
野田聖子(衆議院議員)
小渕優子(経済産業大臣)
稲田朋美(衆議院議員)
三原じゅん子(参議院議員)
今井絵理子(参議院議員)
小池百合子(元防衛大臣)
片山さつき(参議院議員)
舛添要一(東京都知事)
橋下徹(大阪市長)

サルコジ(元フランス大統領)
プーチン(ロシア大統領)
オバマ(アメリカ合衆国大統領)

キャサリン (ケンブリッジ公爵夫人)
(Catherine, Duchess of Cambridge、旧名: キャサリン・エリザベス・"ケイト"・ミドルトン)
イギリス王室のケンブリッジ公ウィリアム王子の妃。
ウィリアム王子がケンブリッジ公爵に叙爵され、ケンブリッジ公爵夫人に。


アクセスランキング
芸能人・有名人の腕時計HOMEへ


あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行